快眠

やらないと損!朝と夜のブラッシング習慣

 

あなたは、夜、お風呂に入る前にブラッシングする?

 

お風呂に入る前に髪の毛をブラッシング。

私、やっていませんでした。

そんな習慣、ありませんでした。

だって面倒です。

どうせこれから髪の毛を洗うんだから、ブラッシングしなくても・・・

そもそも、ショートヘアなので、朝、ササッとブラッシングしたら終わりにしていました。

 

でも、40代になると髪に関する悩みが増えてきました。

 

まず、髪の毛に艶がなくなってきました。

乾燥してパサパサ。ハリもありません。

白髪も目立ってきました。

前髪の生え際部分が薄くなってきて、前髪がパカッと分かれてしまいます。

 

30代の頃と比べて、明らかに、明らかに、髪が老化しています。

 

20代の頃は「髪の毛が多すぎる」ということが悩みだったのに。

あれはなんて贅沢な悩みだったのでしょう!!

 

 

自分できる一番簡単なお手入れ方法

 

頭皮や髪の毛のお手入れ方法はいろいろあります。

美容室での定期的なメンテナンスは大切です。

でも、何よりも基本となるのは、日頃のセルフケア

 

 

とても簡単なので、今日から実践しましょう!

 

朝と夜のブラッシング習慣

 

用意するのは朝専用ブラシと夜専用ブラシ。

 

朝のブラッシング

朝専用ブラシ:豚毛(やわらかめ)のブラシ

目的:髪の毛に艶を出す。

 

寝ている間に頭皮の毛穴から皮脂が分泌されます。

これは天然の美容オイル。

豚下のブラシで優しくブラッシングすることで、天然の美容オイルが髪の毛全体をコーティングして、艶を出します。

 

やり方

 

1.毛先だけブラッシング。

2.徐々に上へ。

3.仕上げは百会(頭の頂点にある万能ツボ)から毛先へブラッシング。

 

ブラッシングはゆっくり、優しくを心掛けましょう。

早すぎると静電気が発生して、髪の毛が痛むので注意してくださいね。

 

 

夜のブラッシング

 

 

夜専用ブラシ:頭皮ケア用ブラシ

目的:頭皮を刺激して汚れを浮かせる。頭皮マッサージ。

 

やり方

 

お風呂に入る前に頭皮用ケアブラシでブラッシングします。

頭皮に溜まっている汚れが浮き出て、その後のシャンプーで流れやすくなります。

また、程よい刺激のあるブラシを使うことで、血行促進の効果があります。

 

頭皮は土壌。髪は稲穂。

美味しいお米は、豊かな土壌で育まれます。

髪の毛も同じです。

ハリやツヤのある健康な髪の毛は、柔らかい頭皮で育ちます。

 

お気に入りのMyブラシを用意しましょう。

 

ネットで購入してもいいのですが、

事前に使い心地を確認した方が失敗しません。

 

同じ豚毛でも硬すぎるものは髪の毛を痛めます。

クッションがあるかないかで、頭皮への刺激も異なります。

 

プラスチック素材は静電気が発生しやすく、キューティクルを痛めてしまうので
天然素材(メープル、バンブー、オークなど)を選びましょう。

 

ちなみに、私が愛用しているのはMARKS&WEBのブラシ。

サイズも種類も豊富で、お値段も手頃(1,000円~2,000円程度)です。

 

もちろん他にもいろいろありますので、とっておきのMyブラシを見つけてくださいね!

 

頭部には沢山のツボや反射区があります。

血行が促進されて、頭寒足熱となり、手や足がポカポカして眠りにつきやすくなりますよ。

 

 

今すぐオンラインカウンセリングを受ける!

眠れない女性のためのアロマ&ハーブ

 

3分でできる!かんたん頭皮のセルフケア方法が学べます。

初めての方限定!
眠りの質をサポートする快眠ハーブティーのプレゼント付です。

 

オーク公式LINEお友だち募集中!

「星座」を手がかりに、あなたにぴったりの香りやハーブティーを選んでみませんか?

今だけ!あなたに幸せを引き寄せる12星座別アロマとハーブを無料でアドバイス中♡

 

友だち追加