アロマで快眠するための3つのコツ(その1)

SNSフォローボタン

フォローする

こんにちは。

女性のための快眠アロマセラピスト

榎本小百合です。

アロマで快眠するための3つのコツ。

あなたが、3つのコツを知っているか、いないかで、

快眠できるかどうかが決まります。

1つ目のコツ

自分の好きな香りを見つける。

2つ目のコツ

寝る前のリラックスタイムに香りをプラスする。

3つ目のコツ

その日の気分に合わせて精油をブレンドする。

今回は、1つ目のコツ

自分の好きな香りを見つける。

%e7%b2%be%e6%b2%b9

私は、年に数回ではありますが、地元(千葉県市原市)の保育園や小学校で、ママさん向けのアロマテラピー講座を開いています。

この時、必ず最初に質問していることがあります。

「精油を持っている方がいらっしゃったら、手を挙げてください。」

だいたい2~3人の方が手を挙げます。

「何の精油を持っていますか?」

ラベンダー、オレンジ、ティートリーなどが、よくある答えです。

ところが、先日、

「カモミール・ローマンを持っています」というママさんにお会いしました。

1本5~6千円する高い精油。

独特の香りのため、他の精油とのブレンドが難しく、アロマセラピストでさえ嫌煙してしまうことがある精油です。

購入理由を伺うと、

「夜、眠れない時にカモミールがいいと雑誌に書いてあったので買いました。

でも、ちょっと匂いがきつくて、最近はあまり使っていません。

まあ、所詮、気休めですよね」

との答え。

あるんです。

このパターン。

ネットや雑誌で紹介されているリラックス系の精油を買ったものの、

苦手な香りだったから、使わない。

その香りを嗅いでも、眠れない。

所詮アロマなんで、気休めだよね。

はっきり言います!!

アロマ初心者は、香りを知らずに高額の精油を買うべきではありません。

専門家が執筆していないネットや雑誌の情報は鵜呑みにするのは危険です。

%e7%b2%be%e6%b2%b9%e3%83%90%e3%83%a9

カモミール・ローマン、カモミール・ジャーマン、

ネロリ、ジャスミン、

ローズ・オットー、ローズ・アブソリュートなど。

これらの花の精油はリラックス系の香りで有名ですが、

めちゃくちゃ高いです。

ローズ・オットーなんて、わずか1mlで1万円くらいします!!!

全ての人にリラックス効果をもたらす香りなんてない。

香りの好みは人それぞれ。

苦手な香りでは、リラックスするどころが、気分が悪くなってしまいます。

ローズマリーやレモンなどの精油は、リフレッシュ系の香りです。

この香りが好きな方の中には、「気持ちよく眠れる」とおっしゃる方もいます。

あなたが好きな香りを見つけよう。

精油を売っている専門店で香りを嗅ぎ、好きな香りを見つける。

一番簡単な方法は、精油を売っているショップへ行き、香りを嗅いで好きな香りを見つけることです。

このとき、香りの嗅ぎ過ぎには注意してくださいね。

嗅覚はとても疲れやすいので、匂いが分からなくなってしまいます。

専門店に行けば、アロマテラピーの知識のある店員さんが、アドバイスしてくれるので、安心です。

リーズナブルな価格の精油、ラベンダーとスイート・オレンジを買う。

近くに専門店がないという方や、

忙しくてそんな時間が作れないという方。

まずは、リーズナブルな価格の精油を購入するとよいでしょう。

おススメは、ラベンダーとスイート・オレンジ。

fotolia_%e3%83%a9%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%81%a8%e7%b2%be%e6%b2%b9

お値段は1本(10mlサイズ)1000円~2000円程度。

※メーカーによって異なります。

ラベンダーは万能精油なので、万が一、香りが苦手でも、いろいろと役に立つことがあります。

どう役に立つかは、今後、このブログ内で紹介しますね。

オレンジ・スイートは日本人が一番好きな香りと言われています。

馴染みのある香りなので、安心です。

1つ目のコツ、自分のリラックスできる香りを見つけるは、お分かりいただけましたか?

仕事で失敗して落ち込んでいる時。

イライラして怒りっぽくなっている時。

悩み事があって考え込んでしまう時。

あなたのリラックスできる香りを嗅ぐだけで、

「ああ~、なんていい香り!!

癒される~~」と、瞬時に気持ちが切り替わります。

その香りは、あなたに快眠をもたらしてくれるでしょう。

次回は2つ目のコツ。

寝る前のリラックスタイムに香りをプラスするについてです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする