これって怠け者?ストレスに強くなるための3か条。

SNSフォローボタン

フォローする

こんにちは。

女性のための快眠アロマセラピスト

榎本小百合です。

ストレスに強くなるための3か条

ストレスに強くなるための3か条

1.嫌なことがあった日は、さっさと寝る。

2.何もやる気が起きないときは、さっさと寝る。

3.考えが行き詰ってしまったときは、さっさと寝る。

眠る女性

なんだが怠け者のようですが、そんなことはありません!

堂々と、さっさと寝るんです!!

そして、翌朝、気持ちよく目覚めましょう。

朝寝坊はダメですよ。

ダラダラ過ごすのは、怠け者です。

ストレスに強い人と弱い人

ストレスのない人なんていません。

でも、ストレスに強い人と弱い人はいます。

あなたはどちらのタイプですか?

もし、弱いタイプだとしたら、この3か条をお試しください。

ストレスに強くなる方法

一般的に、よく紹介されているストレス強化法が次の2つです。

①メンタルの強度を上げる。

周囲の環境に対し、感情が崩れない(左右されない)ようにメンタルの強度を上げる。

はっきりいいます。

これはかなり難易度が高いです。

アスリートレベルのメンタルの持ち主ですね。

②ストレス発散方法を身に付ける。

ストレスを溜めこまずに、上手に発散する方法を身に付けることです。

具体的な手段はたくさんあります。

自分の中で「私のストレス発散方法はコレ!!」というのが

いくつかあるといいですね。

楽観主義。

ポジティブ思考。

マイペース。

一人で悩まない。

趣味など好きなことをする。⇒ アロマいいですよ♪

笑顔で過ごす。

好きなものを食べる。⇒ 食べ過ぎ注意!

リラックス・女性

快眠するだけでストレスに強くなる!

いよいよ本題!

私が提案するストレスに強くなる方法は

至ってシンプル。

それは、快眠すること!!!!!!

「いやいや、ストレスがあるから眠れないんですよ~」

思っていませんか?

近年、脳科学の研究が進み、

睡眠の常識がどんどん覆されつつあります。

例えば、昔は、睡眠は脳の休息時間だと考えられていました。

だから、いかに睡眠時間を短くして、起きている時間を長くするかを研究していました。

ところが、脳は、睡眠中、起きている時とは異なる働きをしていることが分かってきました。

その一つが、記憶の整理。

記憶には4つの働きがあります。

①覚えること。

②覚え続けること。

③思い出すこと。

④忘れること。

「忘れること」も脳の記憶処理の一つです!

脳は、睡眠中に、起きている時の体験・事実、感情(喜怒哀楽)などを整理整頓しています。

必要な記憶は、いつでも思い出せるように記憶にとどめますが、

不要なもの(自分にとってマイナスになると判断したもの)はどんどん消去します。

つまり、眠ることで、嫌なことは忘れてしまうのです!

スゴイですよね。脳って!!

快眠できると、朝、目覚めた時にスッキリとした気分になります。

体の疲れが取れただけでなく、記憶が整理され、嫌なことを忘れてしまったからなんですね。

ストレスがあるから眠れないという考えは捨てましょう!

寝不足だと嫌なことは脳にインプットされたままです。

この状態が長期化すると、ストレスは溜まる一方。

自律神経が乱れ、ホルモンバランスが乱れ、もっと眠れなくなるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

うつ伏せになる女性

快眠して、嫌なことを忘れて、元気になる。

これができれば、メンタルの強化などしなくても、ストレスに強く生きていくことができます。

ですから、この3か条を、ぜひとも実践してくださいね。

ストレスに強くなるための3か条

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする