秋バテに効く!マヌカハニー入りハーブティー

SNSフォローボタン

フォローする

こんにちは。

女性のための快眠アロマセラピスト

榎本小百合です。

9月になりました。

残暑どころか、急に肌寒くなりましたね。

慌てて秋物の洋服と羽毛布団を取り出しました。

このような季節の変わり目は、体調を崩される方が多いです。

私自身、ここ2,3日、体調不良が続きました。

もしかして、秋バテ???

秋バテに効く!マヌカハニー入りハーブティー

こんな時、我が家で必ず登場するのが

マヌカハニー入りハーブティー

夜、寝る前に濃いめに抽出していただきました。

甘くて、フルーティーな味わいのハーブティーで、心身共にリラックス。

体もポカポカと温まります。

マヌカハニー生活の木

レシピは最後に紹介しますね。

そのお蔭で、今日は元気復活!

久々の快晴ということもあり、掃除、洗濯、料理と、普段は手を抜きがちな主婦業をしっかりやり切りましたよ~♪

ハチミツの王様マヌカハニー

マヌカはニュージーランドに自生するフトモモ科の低木。

その花の蜜で作られたのがマヌカハニー。

フトモモ科と言えば、アロマ好きの方ならピン!とくる精油があります。

ティートリーとユーカリ。

どちらも薬効の高い精油として有名です。

マヌカもそのお仲間なんです。

マヌカハニーの主な効能

・ピロリ菌(大腸菌や胃潰瘍の原因となる菌)の抑制、殺菌

・抗菌作用

・消化不良

・胃もたれ

長寿の薬ハチミツ

マヌカハニーに限らず、ハチミツは昔から長寿の薬として大切にされてきました。

古代エジプトの古文書や、インドの伝統医学「アーユルヴェーダー」でも、ハチミツは薬として扱われています。

中国の薬学書『本草綱目(ほんぞうこうもく)』では、眼病、皮膚病、呼吸器、消化器などに効く万能薬として記されています。

日本にも医薬品のハチミツがある!

実は、日本でも古くからハチミツは医薬品として扱われています。

日本薬局方(生薬、製剤、試験法などの基準を定めた医薬品の規格書)のハチミツ!!

ドラックストアなどで販売されています。

ちなみに、栄養剤として、また口内炎や口角炎に効くとされています。

日本薬局方ハチミツ

ハチミツは各種ビタミン、ミネラル、酵素、抗酸化物質の宝庫。

しかも、甘くて美味しい。

そのままスプーンで舐めてもいいのですが、もっと味わいたいという方には

ハチミツ入りハーブティーをおススメします。

秋バテに効く!マヌカハニー入りハーブティーのレシピ

用意するもの

・お茶パック(小)

ティーポットがあれば、そちらを使ってください。

・秋バテ対策ハーブティー ティースプーン2杯

・ティーカップ

・熱湯(95℃以上)

・マヌカハニー ティースプーン1杯

マヌカハニーがなければ、レンゲ、アカシア、ソバなどのハチミツを。

100%純正であればOKです。

マヌカハニー

レシピ(ティーカップ1杯分)

1.お茶パックにハーブティー(ティースプーン2杯)を入れる。

2.ティーカップにお茶パックを入れ、熱湯(95℃以上)を注ぐ。

3.3分~5分抽出。

4.お茶パックを取り出し、ハチミツ(ティースプーン1杯)を入れる。

秋バテ対策ハーブティー30g(ティーカップ10杯分)

エルダーフラワー 10g

カモミールジャーマン 10g

スペアミント 6g

ルイボス 4g

エルダーフラワー

マスカットに似た香りでフルーティーな味わい。発汗、利尿、抗アレルギー作用などがあります。

カモミールジャーマン

リラックスハーブティーの代表格。胃腸の調子を整え、ストレスによる不安や不眠にもよいと言われています。

スペアミント

ペパーミントよりマイルドな香りで甘味があり、飲みやすいのが特徴。

ルイボス

不老長寿のお茶として有名。フラボノイドが豊富で、老化を促進する活性酸素を取り除く働きがあります。冷え症や便秘、アレルギー症状の緩和にも利用されています。

秋のメディカルハーブティー講座

オークでは、初心者向けメディカルハーブ1Day講座を開催中です。

2017年10月末日まで特別価格3,000円(税込)。

お友達と一緒(3人まで)の受講も可能です。お気軽にご相談ください!

秋のメディカルハーブ講座

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする