「 快眠 」一覧

毒にも薬にもなるメディカルハーブ。植物は体に優しいわけじゃない。

毒にも薬にもなるメディカルハーブ。植物は体に優しいわけじゃない。

モルヒネ、コカイン、ニコチン、カフェイン。これらはアルカロイドと呼ばれる植物化学(フィトケミカル)成分です。脳の中枢神経に働きかけ、鎮静、鎮痛、興奮作用などをもたらします。使い方によって、毒にも薬にもなる成分です。天然植物は体に優しいと思っていると危険。正しい知識があれば、安心して健康管理にメディカルハーブを活用できるようになります。

記事を読む

不眠で悩んでいたらパッションフラワー。医学の父ヒポクラテスのお墨付きハーブ。

不眠で悩んでいたらパッションフラワー。医学の父ヒポクラテスのお墨付きハーブ。

不眠で悩んでいたらパッションフラワー。ヒポクラテスのお墨付きメディカルハーブ。 パッションフラワーというハーブティーをご存知でしょうか? 和名はチャボトケイソウ。時計の形に似た面白い形をしたお花です。 植物性の精神安定剤パッションフラワー ...

記事を読む

免疫力を高める3つのポイント。快眠×ストレスケア×脱冷え症。

免疫力を高める3つのポイント。快眠×ストレスケア×脱冷え症。

免疫力を高める3つのポイント。快眠×ストレスケア×脱冷え症。 ストレスのない人なんていません。 多少のストレスはあって当たり前だと、軽く考えていませんか? でも、ストレスを甘く見ていると怖いです。 なぜなら、あたなの免疫力が低下して、病気になりやす...

記事を読む

ストレスで冷える!今日から始めるリラックスタイム×アロマ習慣

ストレスで冷える!今日から始めるリラックスタイム×アロマ習慣

なぜストレスで冷えるのでしょうか?一見、関係なさそうに見えますが、実は深~い関係があります。私たちの体は長期間に渡ってストレスを感じ続けると、自律神経のバランスが乱れ、筋肉や血管が緊張。その結果、血液の巡りが悪くなり、冷えるのです。ストレス冷えには、アロマテラピーが素晴らしい効果を発揮してくれます。

記事を読む

知らないと怖いむくみ冷え。放置していると太りやすい体質に!

知らないと怖いむくみ冷え。放置していると太りやすい体質に!

「第二の心臓」と呼ばれるあなたの足は、むくんだり、冷えたりしていませんか? ふくらはぎの筋肉は血液やリンパ液を上に押し上げ、全身に巡らせる働きをしています。ところが、運動不足などが原因で、血液やリンパ液の巡りが悪くなると、足が冷え、むくみやすくなります。さらに、代謝が低下して太りやすい体質になってしまうこともあります。

記事を読む

全身冷えタイプの女性は下半身の筋肉を強化せよ!

全身冷えタイプの女性は下半身の筋肉を強化せよ!

前回、女性の冷え症のタイプは4つあることを お伝えしました。 1.全身冷えタイプ 2.血液不足冷え 3.むくみ冷え 4.ストレス冷え 全身冷えタイプの女性は下半身の筋肉を強化せよ! さて、今回は1の...

記事を読む

なぜ女性は冷えるのか?冷えない体を手に入れるために。

なぜ女性は冷えるのか?冷えない体を手に入れるために。

男性の冷え症ってあまり聞きません。実は、女性は男性と比べると体が冷えるしくみになっています。 だからこそ、冷えない体を手に入れたい!そんな願いを叶える方法、あるといいと思いませんか?

記事を読む

アロマで快眠するための3つのコツ(その3)

アロマで快眠するための3つのコツ(その3)

その日の気分に合わせて精油をブレンドして、オリジナルの香りを作りましょう!精油をブレンドするなんて難しそう。失敗しそうで怖い。 大丈夫です!トライ&エラー精神で進みましょう。例えばラベンダー、オレンジ・スイート、ゼラニウム。1滴変えるだけで、香りの印象が大きく変わります。

記事を読む

アロマで快眠するための3つのコツ(その2)

アロマで快眠するための3つのコツ(その2)

寝る1時間前のリラックスタイムに、アロマをプラスする。これがアロマで快眠する2つ目のコツです。私のリラックスタイムの過ごし方を紹介します。体を温め、好きなことでリラックスしましょう。ストレスケアにも効果的です。

記事を読む

アロマで快眠するための3つのコツ(その1)

アロマで快眠するための3つのコツ(その1)

あなたが、3つのコツを知っているか、いないかで、快眠できるかどうかが決まります。まずは1つ目のコツ。それは、自分の好きな香りを見つけること。実は、万人に共通するリラックスの香りは存在しません。

記事を読む