ストレスで冷える!今日から始めるリラックスタイム×アロマ習慣

SNSフォローボタン

フォローする

こんにちは。

女性のための快眠アロマセラピスト

榎本小百合です。

過去の冷え症記事です。

まだお読みでない方はコチラからご覧下さい。

なぜ女性は冷えるのか?冷えない体を手に入れるために。

全身冷えタイプの女性は下半身の筋肉を強化せよ!

手足の冷え対策は朝食にあり!陽と陰の食材って何?

知らないと怖いむくみ冷え。放置していると太りやすい体質に!

ストレスで冷える!今日から始めるリラックスタイム×アロマ習慣

今日は冷え性シリーズ5回目。

ついに登場。ストレス冷えタイプです。

主な特徴

まず、このタイプの主な特徴を紹介します。

・完璧主義で真面目な性格。
・滅多に弱音を言わない。
・ストレスを溜めていると思う。
・イライラすることが多い。
・慢性的な肩こりや頭痛。
・夜、寝る時に考え事をしてしまう。
・顔はほてるのに、下半身は冷える。
・最近、疲れやすい。

日本人は、このストレス冷えタイプが多いです。

かつての私も、このタイプにガッツリ当てはまっていました。

どんなに冷え症対策をとっても、原因であるストレスケアができないと

冷え症は改善しません。

なぜストレスで冷えるのか?

私たちの体は長期間に渡ってストレスを感じ続けると、自律神経(交感神と副交感神経)のバランスが乱れます。

交感神経が優位な状態が続き、筋肉や血管が緊張します。その結果、血液の巡りが悪くなり、体が冷えるのです。

困ったことに、日本人はストレスケアが苦手。

嫌なことがあっても「大丈夫」と自分を励まし、頑張ってしまう人は要注意です。真面目な人ほど無理してストレスを溜めこみます。

そんなことを、1か月、2か月、1年と続けていたら・・・・・・

心も体も疲れ切って、いずれ病気になってしまいます。

今日から始める寝る前のリラックスタイム!

 寝る前に、自分のためのリラックスタイムを作りましょう。

あなたの好きなこと(本を読んだり、音楽を聴いたり)にアロマテラピーを加えると、体はリラックスモード(副交感神経が優位な状態)になります。

%e7%b2%be%e6%b2%b9-2

リラックスタイム×アロマテラピー

アロマテラピーは、日本語で「芳香療法」と言います。

この時、必ず精油(エッセンシャルオイル)を使いましょう。

精油は植物から抽出された100%天然の成分です。

「アロマオイル」と表記されているものは、合成香料(主成分は界面活性剤)なので、アロマテラピーとしての効果はありません。

まずは簡単な芳香浴から始めよう!

一番簡単な芳香浴は、ティッシュやコットンに、精油を3~4滴垂らして、枕元に置くだけです。

問題は、どの精油を使うかです。

リラックス系の精油はたくさんあります。

まずはあなたの好きな香りを見つけましょう。

好きな香りが見つかったら、ブレンドにもチャレンジしましょう。

精油をブレンドすることで、相乗効果が高まり、よりリラックスできます。

快眠アロマスプレー

私は東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市)でアロマワークショップを不定期に開催しています。

快眠アロマスプレー作りが体験できるのですが、こちらで人気のある香りを紹介しますね。

%e3%82%a2%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e6%96%b0

不動の人気No.1 ラベンダー&ベルガモット

甘く優しい香りのラベンダーと、フルーツフローラル系のベルガモットのブレンド。アロマ初心者の方にぜひ試していただきたい香りです。

ブレンド例)ラベンダー 2滴 + ベルガモット 1滴

      ベルガモット 2滴 + ラベンダー 1滴

子どもたちも大好き! オレンジ&ベンゾイン(安息香)

日本人が一番好きな香りと言われているオレンジ。これだけでも十分リラックスできますが、ここにベンゾイン(安息香)を1滴加えると、甘い香りになります。

ベンゾインはバニラのような甘い香りがします。精油の抽出部位は木の樹脂です。ラベンダーやオレンジと違い、とろみのある茶色の精油です。

和名が安息香とあるように、呼吸を安らかに整えリラックスできます。

ブレンド例)オレンジ 2滴 + ベンゾイン 1滴

ストレス冷え症を改善し、快眠をもたらすアロマテラピー

大好きな香りに包まれていると、ちょっとしたことでイライラしていたのがウソのように、穏やかな気持ちになれます。

寝る前のリラックスタイム×アロマで、あなたのストレス冷えが改善され、快眠をもたらしてくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする