今日からできるタッチング。あなたの手は魔法の手!

SNSフォローボタン

フォローする

こんにちは。

女性のための快眠アロマセラピスト

榎本小百合です。

タッチングは日常生活で大活躍!

先日、高校3年の娘ノンとショッピングに出かけた時のとこです。

駅前の通りを歩いていると

「あ~、頭が痛い。ダメ・・・」と突然ノンが言いました。

どれどれと、額に手を当ててみましたが、特に熱はありません。

「どの辺が痛いの?」

「ここ」と左側の側頭部を手で押さえます。

ガンガンして辛いようです。

私は、ノンの頭の痛い部分に手を当てました。

ピタッと密着させて、そのまま20秒くらい。

すると、ノンが、

「どうしよう。やばいよ」とうろたえた様子。

「何が?」

「痛くなくなった。やばい!!」

ふふふふ、これぞ母の愛!

と、言いたいところですが、実はタッチングには痛みを鎮める作用があるのです。

みんな魔法の手を持っている。

今から30年以上昔、

ママの手は魔法の手~というCMがありましたね。

ママに限らず、実は私たちはみんな魔法の手を持っています。

ただ、その能力を知らず、使っていないだけ。

勿体ないですよ~~!!!

%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89

私は、アロマセラピストになって、お客様の体をトリートメントをするようになって、

「手には人を癒す力がある」ということを実感しました。

あの時の感動は忘れられません。

なぜタッチング(手当て)で痛みが和らぐのか?

人類最古の癒しといわれるタッチング。

痛い所に手を当てて、その痛みを取り除くことができます。

そんな馬鹿な~と思われる方もいらっしゃるでしょう。

気のせいでしょうとか。

が、しかし、タッチングの効能が医学的に証明されるようになり、医療や介護現場で積極的に取り入れるようになってきました。

理由は3つあります。

今日はその1つをお伝えします。

βエンドルフィンが分泌されて痛みが和らぐ。

タッチングを受けると、神経伝達物質の一つであるβエンドルフィンが脳内から分泌されます。

なんだか難しそうな専門用語が出てきました。

Bエンドルフィンには、なんとモルヒネの6.5倍の鎮痛作用があります!!

幸福感をもたらすことから「脳内麻薬」とも呼ばれています。

マラソンで長時間走っていると「ランナーズハイ」という気分が高揚してくる作用がありますが、これはβエンドルフィンが分泌されるためだという説もあります。

食欲、睡眠欲、性欲など、本能が満足すると分泌されることが分かっていましたが、タッチングすることで、このβエンドルフィンが分泌されるのです。

ヒトの体は不思議ですね。

ちなみに、自分の手ではだめなようです。

他人からのタッチング、信頼関係のある人だと、より多く分泌されます。

痛みは体のSOS。

私たちは、どこかが痛いとすぐに薬を飲んで、痛みを抑えようとします。

でも、痛みは体からのSOSのサイン。

何かしら異常があるから痛いのです。

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%b9

「頭痛」の原因はたくさんあります。

痛みを抑えるのは対処療法。

頭痛がなくなるためのケアが必要です。

・運動不足やデスクワークなどによる血行不良

・ストレス性の冷え

・肩こり

・目の疲れ

・風邪の症状、高熱など

むやみに鎮静剤を飲むのは危険。

横になって休むことで、自然治癒力が働き、体調が良くなることもあります。

あなたの日常生活にタッチングを!!

あなたの家族や大切な人が、頭が痛いとか、気持ち悪いなどの症状で辛そうなとき。

痛みや不快を感じている部分に、あなたの手を当ててあげましょう。

ぴったりと密着させてくださいね。

背中なら優しく擦ってあげましょう。

相手の方は、痛みが和らぐはずです!

しばらくそのまま様子を見て、必要なら薬を飲んだり、病院へ行きましょう。

娘ノンは、すっかり頭痛が治まり、そのまま普通にショッピングを楽しみ、美味しいランチを食べることもできましたよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする